Help

11.03.14.鷲神社(浅草 お酉様)(台東区千束)

  • 59

Photos: 11.03.14.鷲神社(浅草 お酉様)(台東区千束)

Photos: 11.03.14.鷲神社(浅草 お酉様)(台東区千束) Photos: 谷中1丁目(台東区)

mixiアルバム「鷲神社(浅草 お酉様)(台東区千束)・酉の市」コピペ――
https://photo.mixi.jp/view_album.pl?album_id=500000051232633&owner_id=32815602

2012年02月22日 13:59
11.03.14.
おおとりじんじゃ。
別称、鳥の社、御鳥(おとり)ほか。
御祭神、天日鷲神(あめのひわしのかみ) ・日本武尊(やまとたける)。
御神徳、天日鷲命は、開運、殖産、商賣繁昌が高い。日本武尊は、勝運、武と志に高い。
起源は現在隣接する長国寺に祀られていた鷲宮に始まる。明治の神仏分離令により長国寺が離れた。

※酉の市――
「花園神社/浅間神/酉の市/※アメブロリンク」→http://photo.mixi.jp/view_album.pl?album_id=500000031936906&owner_id=32815602
かつては「酉の祭(とりのまち)」と呼ばれていたが、次第に「市」の文字があてられていった。祭に市が立ったということ。酉の市(酉の祭)は、鷲神社御祭神の御神慮を伺い、御神恩に感謝し、来る年の開運、授福、殖産、除災、商売繁昌を祈願する祭事である。
かつて社号は鷲大明神社と称した。元来 鷲大明神社の「大」は敬意、「明神」は神を奉る号。東都歳時記には、「酉の日・酉の祭、下谷田甫(したやたんぼ)鷲大明神社当社の賑へることは、今天保壬辰(1832)より凡そ六十余年以前よりの事」とあり、宝暦・明和年間(1750~60)にはすでに酉の祭は相当な賑わいで、それ以前から年中行事として行われていたことがわかる。
宝井其角(松尾芭蕉の弟子)の句に「浅草田甫・酉の市」として、
春を待つ ことのはじめや 酉の市――
とあり、酉の市は霜月(11月)に入って最初の市立てで、正月(1月)が近づいてきた事を詠んでいる。もう暮れか、正月の支度を揃えるか、などを歌っている?

酉の市の始まりは、江戸近郊に位置する花又村(現 足立区花畑にある大鷲神社)であるといわれ、祭りの形態も、当初は近在の農民が鎮守である「鷲大明神」に感謝した収穫祭であったと伝えられている。祭りの日、氏子たちは鷲大明神に鶏を奉納し、終わると集まった鶏は浅草の浅草寺まで運び、観音堂前に放してやったといわれる。
当初武士の参詣が多かったと伝えられているが、やがて江戸市中からは武士だけでなく、町人がこぞって参詣するようになった。社前では年末の一発勝負を賭けた辻賭博が開帳され、にぎわったそうだ。しかし、安永年間に出された賭博禁止令から、その盛況は浅草へと移っていく。

当時、花又村を“本の酉”、千住にある勝専寺(赤門寺)を“中の酉”、長國寺が別当をつとめていた浅草の鷲大明神を“新の酉”と称し、この3ヶ所の酉の市が有名だった。
浅草長國寺の“新の酉”は、東隣に新吉原が存在していたこともあり、鷲妙見大菩薩(鷲大明神)が長國寺に迎え移され祀られた明和8(1771)年頃から一躍最も高名な酉の町として知られるようになり、今日に至っています。

※酉の市の名物、縁起熊手。金銀財宝を詰め込んだ熊手で、幸運をかきこむ、幸福をはきこむと言って開運招福、商売繁盛を願った。


※境内には、宝井其角句碑、正岡子規句碑、樋口一葉文学碑・玉梓乃碑がある。

※ちなみに。神使としては
烏(熊野三山)
鶴(諏訪大社)
鳩(八幡宮)
鷺(気比神宮)
鶏(伊勢神宮)
と御座します…f(-_-;



以前アップ済
http://photozou.jp/photo/show/650854/231617648

http://photozou.jp/photo/show/650854/231617666
何枚かフォト蔵に消されました┐(-_-Ξ-_-)┌

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.