Help

13.10.09.天王公園/米倉丹後守家下屋敷跡(南千住6丁目)

  • 110

Photos: 13.10.09.天王公園/米倉丹後守家下屋敷跡(南千住6丁目)

Photos: 13.10.09.天王公園/米倉丹後守家下屋敷跡(南千住6丁目) Photos: 13.10.09.南千住若宮八幡宮(南千住6丁目)

天王公園(南千住6丁目)
https://photo.mixi.jp/view_album.pl?owner_id=32815602&album_id=500000087000101

2013年10月09日 23:58
●米倉丹後守――
米倉家
家紋は「隅切り花菱」。米倉氏は清和源氏武田氏族。甲斐国八代郡米倉邑より起こる。
直参衆で構成された武川衆所属。甲信国境防衛軍。武田家滅亡後は家康に庇護され、米倉家はそのまま国境防衛に当たった。

1、昌尹(まさただ)、従五位下・丹後守
寛永14(1637)年、400石の旗本 米倉昌純(政継)長男として生まれる。
正保2(1645)年6月、3代家光に拝謁。
承応3(1654)年2月、御小姓。
貞享元(1684)年7月、600石へ加増していた米倉家の家督継承。
貞享2(1685)年8月、御徒士頭。
貞享3(1686)年9月、目付。
貞享4(1687)年2月、番頭。
元禄3(1690)年3月、武蔵国内に500石。
同年12月、叙任。
元禄5(1692)年1月、上野国内に1000石。
元禄7(1694)年1月、武蔵国内に1000石。
同年12月、武蔵国内に1000石。
元禄9(1696)年3月、若年寄。これにより1万石を与えられ、大名として諸侯に列す。武蔵金沢藩主となる(現 神奈川県横浜市金沢区)。
元禄12(1699)年1月、5000石加増。下野国都賀郡皆川(現 栃木県栃木市皆川城内町)へ移封。
同年7月12日、死去。

2、昌明(まさあきら)、従五位下・主計頭、丹後守、長門守
弟 昌仲に3000石を分与、1万2000石となる。
3、昌照、従五位下・丹後守
4、忠仰(ただすけ)、従五位下・丹後守、主計頭
柳沢吉保6男。
享保7(1722)年、居館を久良岐郡六浦(武州金沢藩・武蔵金沢藩。六浦藩と呼ばれるのは明治)へ移し、皆川藩は廃藩。

5、里矩(さとなり)
6、昌晴、従五位下・丹後守
7、昌賢(まさかた)、従五位下・長門守
8、昌由(まさよし)、従五位下・丹後守、主計頭
9、昌俊(まさのり)、従五位下・丹後守
10、昌寿(まさなが)、従五位下・丹後守
11、昌言(まさこと)、従五位下・下野守、丹後守、正五位、従四位、正四位、子爵、従三位


mixiだけどリンクまとめてある(°ω°)
蔵林寺(秦野市)本堂 http://photozou.jp/photo/show/650854/258869335

米倉寺(神奈川県足柄上郡中井町)本堂 http://photozou.jp/photo/show/650854/258869419
長篠設楽原合戦場(新城市)米倉丹後守正継之墓 http://photozou.jp/photo/show/650854/237153135

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.