Help

濃厚福島鶏白湯@若武者ASAKUSA~FUKUSHIMA NOODLE STYLE~・台東区浅草

  • 19

Photos: 濃厚福島鶏白湯@若武者ASAKUSA~FUKUSHIMA NOODLE STYLE~・台東区浅草

Photos: 牡蠣煮干し醤油BLACK Men+味玉@カレと。Men・江東区清澄白河 Photos: 冷やし坦々つけ麺@こてんぱん・江東区亀戸

麺処 若武者ASAKUSA~FUKUSHIMA NOODLE STYLE~
  台東区西浅草2-27-12

 ネットでラーメン屋情報を探っていると、福島在住時に何度も訪れた二本松市のお店が、川口市を経て昨年夏に浅草にお店を出したと知り早速訪れた。メニューは、裏磐梯に湧く食塩泉を煮詰めて取った塩から作る塩ラーメン、会津ラーメンと通称郡山ブラックの合体作である醤油ラーメン、それに福島の地鶏をふんだんに使った鶏白湯といずれも懐かしい3本立て。その中から鶏白湯をチョイス。950円と値段は張るのは、福島からの輸送コストが上乗せされるからだろう。
 麺はストレートの中麺。麺肌に褐色の粒々が見られる全粒粉入りだ。ザクザクとしたほどよい硬さの麺を2~3回噛むとブツブツと噛み切れる、そんな食べやすい食感の麺だ。加水率が低めなのだろう。聞けば、福島から送ってもらっているというから、二本松と同じ福島市の羽田製麺の麺だと思う。スープは会津地鶏、川俣シャモ、伊達鶏を大量に炊き上げた鶏白湯。福島が誇る地鶏3種をふんだんに使うなんて、なんと贅沢なことか。トロリとしたスープを口に含むと鶏の旨味が押し寄せてくるが、意外にも鶏臭さは当然のこととして、鶏の匂いもそれほど感じない。むしろ、その粘度、滑らかさも相まって、信じてもらえないと思うがコーンポタージュスープを飲んでいるように思える。塩加減もちょうどよいので全く飲み飽きず、レンゲが止まらない。チャーシューは2種類3枚。1枚は豚バラを軟らかく煮てあり、赤身肉の旨さと脂身の甘さを同時に味わえ、思わず頬がゆるむ。残る2枚は低温調理の鶏ムネ肉。これも軟らかくしっとりしていて、そこそこの厚みがあるのでボリュームは感じられるが、サッパリとした味わいなのでサクッと食べられてしまう。メンマはジャキジャクと見た目よりも食感強め。薄めの味付けだが、弱めながらも特有の発酵臭が感じられる。薬味は紫タマネギのスライスとミツバで、ミツバはあしらいだが、紫タマネギはそれよりも濃厚なスープに慣れた舌をリセットする役割の方が大きく、これのおかげでますますスープが飲めるようになる。
 もちろんスープも完飲したが、麺量が120gぐらいと少なめのため満腹にはならない。このコスパ的に厳しい点が唯一の不満だ。

お気に入り度:○+

Albums: Public

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.