Help

ラーメン並・油多め@室・墨田区錦糸町

  • 45

Photos: ラーメン並・油多め@室・墨田区錦糸町

Photos: 冷やし坦々つけ麺@こてんぱん・江東区亀戸 Photos: 台湾ラーメン@味仙東京神田店・千代田区神田

漢(おとこ)ラーメン 室(むろ)
  墨田区江東橋3-8-7 錦糸町駅前プラザビル1階

 錦糸町駅南口の駅前ビル建て替え工事が4月下旬に竣工し、いくつのも飲食店が入居した。1階の5店舗のうち1つが横浜家系ラーメンのお店だが、屋号には横浜だとか家だとか家系を連想させるフレーズが使われていないので、パッと見すぐにはその手のお店だとは分からなかった。平日のお昼前だが、時折パラパラと雨が降る生憎の天気のせいか先客は0。メニューは醤油トンコツ1種類のみで、それに麺量とトッピングでバリエーションをもたしている。店頭の券売機で、その中から標記のボタンをポチッとな。700円。なお、食券を手渡す際、他の家系のお店同様に麺の茹で加減、味の濃さ及び油の量に関する好みを聞かれるので油多めだけお願いした。また、ご飯はサービスでどれぐらい盛りましょうかとも聞かれたので、デフォがどれくらいか分からないまま「軽めで」とお願いした。
 麺は家系らしく、平打ち気味で長さは短めの緩く波打つような太麺。麺箱には酒井製麺とあって、総本家吉村家御用達の麺を使っているといおうか、調達できたようだ。当然、食感は程よい歯応え+モチモチで個人的にはドンピシャ。このため、麺硬めにする必要性は感じない。一方、赤銅色をした見た目からして濃厚そうなスープは、レンゲですくうとやはり緩いとろみが付いている。トンコツらしい匂いもしっかり立ち上ってくるが、鼻が曲がるような臭さではないので気にならない。骨髄のみならず骨の一部も溶け出しているようで、ざらつきはないものの超細かい粒子感を感じる。濃厚なトンコツ風味の中にしっかりした旨みがあるためか、多めにした鶏油はスープと一体化していて効果は不明。ということは、違和感がないということなので正解だったのだろう。ただ、タレがきつめでこれ以上だとしょっぱいと感じる限界のため、次回からは味薄めにしたい。具材は肩ロースチャーシュー1枚、海苔3枚に多めの茹でホウレンソウ。チャーシューは適度に軟らかく、一噛みごとに肉の旨さが味わえる逸品。ホウレンソウは軟らかいものの冷凍にはないシャキッとした食感も少し残っていて不満はない。あと、申し訳程度に薬味として刻んだ白ネギが散らしてあった。
 お茶碗軽く一杯分くらいのご飯は、スープにたっぷりと浸した海苔でくるんでパクリ。これを3回繰り返してもまだご飯は残っていたので、これもサービスの家系ラーメン店では見慣れたキュウリの醤油漬けをおかずに完食。麺量がやや少なめな上にスープの味が濃いので、支障がなければご飯は頼んだ方がよいだろう。
 昨年末に北口にオープンした武の極みと同門の武蔵家出身らしく、真っ当な家系ラーメンを食べさせるお店が駅を挟んで北と南にできたのは嬉しいかぎり。

・お気に入り度:○

Albums: Public

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.