Help

塩そば+味つけ玉子@ながくら・江東区住吉

  • 12

Photos: 塩そば+味つけ玉子@ながくら・江東区住吉

Photos: 台湾ラーメン@味仙東京神田店・千代田区神田 Photos: タンメン@來々軒・江東区木場

中華そば ながくら
  江東区千田5-10

 前回訪れた際、塩は醤油に比べて50円高いので、何か特別なものが使われているのかと気になっていた。お昼時のため、近くの工事現場で働くガテン系のお客さんで満席に近かった。800円の食券に加えて今回は100円の味玉も発券し、カウンターに着席した。
 麺は自家製のストレート細麺で、細い上に麺肌はツルンとしていて、第一印象は「素麺に似ている!」。ただ、食感はサクッとしているが強い歯応えがあって少し噛み切りづらく、うんとアルデンテに茹でた素麺のようだ。前回よりも細くなったような気はするが、今までにあまり経験がない食感という点では変わらない。スープは十分な旨味があって魚介も使われているラーメンスープなんだが…。動物系、魚介、醤油の3者がバランスよく味わいと風味を作り出していた醤油とは異なり、何だかもやに覆われて隠されたような、何が使われているのか全く想像がつかない味わいだ。また、塩気もきつめで、自分的にはギリギリしょっぱくない範囲に収まっている。チャーシューは脂身が付いておらずサシも入っていない赤身肉だが、旨味だけではなく肉特有の味わいが十分に楽しめる。また、とろけるとは言わないが相当軟らかいのも驚きで、ということは煮豚ではなく焼き豚かもとも思うがこれまたよく分からない。褐色の味玉は固茹での黄身まで味付けがしっかりと染みていているので、具合として食べた気になる。濃い色のメンマはジャキジャキと小気味よい食感で、塩加減はほどよく、特有の発酵臭がアクセント的に少し感じられた。その他にはナルトよりも味がより濃いカマボコ、青菜のホウレンソウに薬味は木口切りの葉ネギ。
 スープは火傷しそうな熱々ではなく、味わいが分かるよう適温で供される等節々に店主さんのこだわりが感じられる。たまたまこの一杯は、食べ手たる自分との相性が今一歩だったということだろう。

・お気に入り度:△+

Albums: Public

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.