Help

9.20発売日に旅“iPhone 11 Pro Max”色々ついでに見に行った。やはり実色、実物の印象、感受性が大事で…微妙。表面は前XSと同じ(輝度UPでも)切り欠き猫耳もあり表面では新旧わからない

  • 1
  • 30

Photos: 9.20発売日に旅“iPhone 11 Pro Max”色々ついでに見に行った。やはり実色、実物の印象、感受性が大事で…微妙。表面は前XSと同じ(輝度UPでも)切り欠き猫耳もあり表面では新旧わからない

Photos: 9.20発売日に旅“iPhone 11 Pro Max”色々ついでに見に行った。やはり実色、実物の印象、感受性がうなる~“超広角13mm”裏左上にレンズがあるのに左右上下がこんな広く撮れる☆歪み少ない Photos: 9.20発売日に旅“iPhone 11 Pro [Gold]”色々ついでに見に行った。やはり実色、実物の印象、感受性は変わった…微妙…まだゴールドのほうが良かった。3眼カメラデザインは悪くなかったです

こちらの写真は、表面。これだけだと前機種のXS/XS Max」と見た目の違いがわかりません。「輝度UPしてて超絶明るさMaxにすれば違いは眩しさでわかるかもしれない」けど眩しすぎてそんな明るすぎる輝度まで使わない。

この実際のところも、実物を懸命に行って見てわかった収穫です。スマホってほぼこっち側、画面しか目にしない、見ないですよね…そこが前機種XS、前々機種Xと、「変わっていない」のも、高額な買い物だけに、微妙で感動がなかった点です。

“切り欠き”猫耳のせいで、ここもAppleらしくないスタイリッシュじゃないです。ここまで無理して上部ギリまで画面で攻めないで「猫耳(時計、電波の部分)たった1cmくらいスパッと真っ直ぐカット」して一直線に黒くしちゃえばスタイリッシュなのにと2年前の初登場から思っていました。ダサいです。それにおかげで「電波横に表示されてたdocomo、SoftBank、auなどの表記」が消えました、どこの電波使ってるか自分しか、わかりません。モチベーション下がります。

画面自体はXの時からの、11や8までの液晶とは違う発光「有機ELディスプレイ」の美しさは、この写真でもわかるとおりの発色です。ここも人によっては「蛍光灯と同じでずっと見てられないドギツイ。液晶のほうが優しくて好き」って人もいます。XRや今回の11は昔ながらの液晶です。
4年愛用のiPhone7Plusももちろん液晶で輝度も古いですが、普段使いで、写真撮るも観るもネットもキレイです。有機ELまでいかなくても、Appleの“レティナディスプレイ”画面のキレイさは昔から、他を圧倒しています、得意分野です。なので、大きな差は感じられません。大きい差は金額です、購入も修理代も。

『Trinity iPhone11 Pro Maxブルーライト低減 複合フレームガラス』
ずっとiPhoneには愛用してるメーカーの。無名の安いのより安心感と作りの良さがあります。割れにくいとか丈夫という理由ではありません。
https://twitter.com/y4uk/status/1175808360593022976

Albums: Public

Favorite (1)

1 people have put in a favorite

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.